ちくわおいしいマイクラ三昧

マイクラでストラスブール大聖堂製作中

ストラスブール大聖堂制作6

こんちくわ、ちくわおいしいです。
引き続きフライングバットレスの試作です。
なぜフライングバットレスを試作しているかというと、床張りだけだと飽きるから、そして何より

フ ラ イ ン グ バ ッ ト レ ス 萌 え

だからです。
ゴシック聖堂大好きなちくわおいしいですが、その中でもフライングバットレスが一番興奮します。
あの石造りとはとても思えぬ繊細な造作はゴシックの華ですよね、ハフハフ
特に内陣の半円に沿うフライングバットレスの連なりには汁を禁じ得ない。
こういうの。

19世紀のフランスの写真家ミューズマンによるパリのノートルダム大聖堂の写真です。

それに先っちょのピナクル(前の記事参照)がたまりませんよね。先っちょだけ!先っちょだけやから!(何が?)

それはさておき、我がストラスブール大聖堂のフライングバットレスですが、こんな感じに改良しました。
っていうか、前回ブロックの数間違えてました。
誤)

壁窓窓窓壁 壁窓窓窓壁
ではなく

正)

壁窓窓窓壁 壁 壁窓窓窓壁
が正解。

これでだいぶフライングバットレスっぽくなったのではないでしょうか。

それではまた地道な床張り作業に戻ります。
アデュー!